図書館

 

 

利用案内

 

開館時間

平日 8:50〜17:00

 ※この前後の時間帯でも臨時に開館することがあります。

休館日

土曜日・日曜日・国民の祝日

年末年始(12月29日〜1月3日)

休校日

 ※このほか臨時に休館することがあります。

利用できる人

白石高校の生徒・学生および職員

 ※保護者ほか一般市民で利用を希望される方は、事前にご相談ください。

本の貸し出し

1人1回3冊まで1週間以内

 ※但し一部の資料は館外貸し出し禁止となっています。

特色

●国立国会図書館が運営する「レファレンス協同データベース」に参加しています

 このデータベースは、図書館に寄せられた多くの問い合わせや質問に対してそれぞれの図書館がどのように対応し回答したか(これを専門用語でレファレンス業務といいます)について、他の図書館でも参考になる具体的な事例を多く集積したものです。白石高校図書館は2015年10月から参加しています(宮城県の公立高校の図書館の中では初参加でした)。
 誰でも(高校生も一般市民も)このデータベースにアクセスすることができます。データベースのURLは下記の通りです。
 >>http://crd.ndl.go.jp/reference/
また、宮城県白石高等学校図書館のプロファイルは下記にあります。
 >>http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=pro_view&id=5100010
 レファレンス事例は、質問者のニーズ、サービス提供時の状況によって回答内容が異なる場合があります。事例はあくまで過去のサービスの記録であり、新しい情報源の登場により、内容が必ずしも適切でなくなることもあります。ご利用にあたっては、この性格を十分にご理解いただいた上で、有効にご活用ください。

●特別蔵書

 ○和漢古書(226点1705冊)

 本校には県内高校で三指に入るほどの和漢古書が所蔵されています。その理由は、本校の前身である(旧)白石高校が創立された明治時代に、「有為な人材を育成しよう」とする篤志家が多くの書籍を寄贈して下さったからです。

 1990(平成2)年に(旧)白石高校創立90周年記念事業として編纂された『宮城県白石高等学校所蔵和漢古書解説目録』には、和書171点794冊、漢籍55点911冊の合計226点1705冊が収録されています。年代的に最も古いものは、和書では『三国宣明暦経註』5巻(正保5年・1648年)の写本又は『片倉代々記』(年代不詳)の写本、漢籍では『五雑俎』(寛文元年・1661年)の刊本です。

 書物の由来という観点から全体の特徴は次のようにまとめることができます。

 1)片倉家に伝えられた「城主文庫」という印記のある記録や書物

 2)寺子屋などで使用された「往来物」と呼ばれる教科書類

 3)時代の思想形成に影響を与え、古来から知識人の教養の糧とされた中国の経典の注釈書

 4)和漢それぞれの各種辞典や事典・節用集などの実用書

 5)白石の文人や知識人たちが書き著した記録や文学作品を含む稀覯書

 6)時代を超越して愛読された学者・思想家の名著

 7)明治時代初期に刊行され、戦後の転換期に廃棄処分を免れた陸軍省発行の教範・教典類

 

 ○益岡文庫(130点1100冊)

 旧制白石中学校 の蔵書数千冊の中から選別され永久保存されている洋綴じの活字本130点(約1,100冊)が「益岡文庫」です。明治30年ごろから昭和20年までの約半世紀の間に出版され、本校に所蔵された善本(洋書を含む)とされています。

 特に、日本の思想形成に大きな足跡を残した江戸時代の思想家たち――加茂真淵・頼山陽・貝原益軒・本居宣長・大原幽学・吉田松陰・新井白石など――の全集が充実しています。また、『国書刊行会叢書』(国書刊行会編)や『仙台叢書』(仙台叢書刊行会)など、第一級の作品や資料が網羅されており、学問的に高い水準の図書が数多く含まれています。

 1991(平成3)年に刊行された『益岡文庫解説目録』には、益岡文庫に該当する全作品それぞれについて高校生に役立つ解説が施されています。

 

 ※上記の『宮城県白石高等学校所蔵和漢古書解説目録』と『益岡文庫解説目録』は、刊行当時、全国の図書館関係者や大学の研究機関等から大きな反響があり、全国紙でも大きく取り上げられました。その結果、東京大学をはじめとする8つの大学図書館、県内外の公共図書館や学校図書館、国立公文書館内閣文庫や国文学研究資料館から、『目録』の寄贈を求められました。

(この項は、『白高百年史』の記事(本校元教諭・後藤昭信先生執筆による)を参考にしました)

基本データ

 蔵書数   約5万3000点

 閲覧席数  66席

 常勤司書   1名

リンク

 

 

▲このページのトップに戻る